和歌山産業保健総合支援センター 紀南地域窓口)
(独立行政法人 労働者健康安全機構

紀南地域産業保健センター






【掲載内容】


@地域産業保健
  センターとは


A相談対応に
    ついて


B個別訪問による
 産業保健指導


C相談窓口開設
     日程表

・3か月分の日程を
 掲載しています


Dトピックス
(最新情報を追加
 しました)

・ストレスチェック

 実施プログラムの

 バージョンアップ

 実施状況を公表


・健康経営…

『労働の人間化』

『過労死等の労災

 補償状況』を公表


・職場での腰痛を

 予防しましょう!


・受動喫煙を防止

 しましょう!!


・表示・通知義務

 対象物質の追加


・第9次粉じん障害

 防止総合対策


・第13次労働災害

 防止計画


・STOP!熱中症

 クールワークキャ

 ンペーン


・『労働時間改善指

  導・援助チーム』

  を編成



Eお知らせ


G関連団体
 ホームページ

 〜 応援します 職場のいきいき健康 〜


 地域産業保健センターとは


  労働者数が50人未満の事業場では、労働安全衛生法

 上、産業医を選任する義務がないことや経費的問題など

 の理由で産業医と契約することが難しいなど、労働者に

 対する健康指導などの産業保健サービスを提供すること

 が十分でない状況にありました。

 このため、このような事業場で働く人達に対する産業保

 健サービスを充実する目的で、平成8年度から新宮市・

 東牟婁郡地域においてサービスが提供できるように紀南

 地域産業保健センターが設置され支援がスタートしまし

 た。

  そして、平成26年4月1日からは今まで委託事業と

 していた『産業保健推進事業』『メンタルヘルス対策支

 援事業』『地域産業保健事業』の産業保健三事業を一元

 ・集約化し、ワンストップサービス出来るよう再編成さ

 れ新たにスタートしました。

 そのため、いままではそれぞれのセンター窓口にお問い

 合わせ ・ お申込みが必要でしたが、これからは当セン

 ター窓口から必要に応じて適切なサービスをご紹介し、

“こころとからだ”の両面からの総合的な支援を実施いた

 します。

  本事業は、事業場による自主的な産業保健活動の実施・

 定着を図ることを目的として支援の提供をしております。


  すべての人が心身共に健康で、元気に働けることを目

 指しておりますので、皆さまのご利用をお待ちしており

 ます。

                       

   相談対応


例えば…

・労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談

・健康診断実施後の医師からの意見聴取

・労働者本人への健康相談・保健指導

・長時間労働者に対する面接指導

・高ストレス者に対する面接指導   など

                  

 長時間労働者に対する面接指導及び高ストレス者に対す

 る面接指導申込時に必要な様式のダウンロードはこちら

         ↓

    面接指導時等の申込用紙


※上記申込用紙以外に、疲労蓄積度チェックリストや健康

 診断結果表等が必要になる場合があります。

 詳しくは、紀南地域産業保健センターまでお問い合わせ

 ください。

                          


     個別訪問による産業保健指導


 事業場を訪問して職場巡視や相談対応、そして労働衛

 生啓発事業の実施などの作業環境管理・作業管理の総

 合的な労働衛生管理の助言や指導を行います。


                  



 健康相談・医師による意見聴取 窓口開設日程表

        紀南地域産業保健センター  


年 月 日
曜 日
担 当 医 師 名
場   所
30. 4.19
峯  規雄 医師
新宮市医師会館
    4.24
新谷 寧世 医師
新宮市医師会館
    4 月
未   定
    5.17
湊口 孝美 医師
新宮市医師会館
    5.24
要  明雄 医師
新宮市医師会館
    5 月
未   定
    6.14
湊口 博之 医師
新宮市医師会館
    6.21
米良 孝志 医師
新宮市医師会館
    6 月
未   定

     ※ 事前にTELにて予約が必要です


   大企業の支店、営業所などは支援の対象外となりま

   すのでご注意ください。



 【 開 設 時 間 】 午後1時30分 〜 

 【 受  付  先 】 紀南地域産業保健センター

             新宮市緑ヶ丘3−3−29

             尾アビル4F

             TEL・FAX 0735-21-3313

             《 担 当 》 小 林


 事業場訪問等が多い為、電話連絡がつきにくい場合があります。

 留守番電話になっておりますので、連絡先などを入れて頂ければ

 幸いです。

 大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。


 【 各 医 師 会 の 住 所 】

 ※ 新宮市医師会館…新宮市伊佐田町1−2−12

 ※ 東牟婁郡医師会…東牟婁郡太地町森浦703−4

           南紀パシフィックヴィラ401号

                    


  料金はすべて無料です(お気軽にご相談ください)

  上記開設日以外にも、随時行っております

  のでご利用ください。   


                               
 健康診断実施後は

      『医師による意見聴取』(義務)

          及び 『保健指導』(努力義務)

                   を行いましょう!!


 事業者は定期健康診断の結果、当該健康診断の項目に

 常の所見があると診断された労働者に対し、厚生労働省

 で定めるところにより医師または歯科医師の意見を聴か

 なければなりません。(事業者の義務)

(労働安全衛生法 第66条の4)

 健康診断の結果、特に健康の保持に努める必要があると

 認める労働者に対して、医師又は保健師による保健指導

 を行うように努めなければなりません。(努力義務)

(労働安全衛生法 第66条の7)

                   


 平成27年12月から『ストレスチェックの実施』

  義務になりました


  常時使用する労働者に対して、ストレスチェックを実

  施することが事業者の義務となりました。

 (労働者数50人未満の事業場は当分の間努力義務)


  ストレスチェック制度とは、労働者のストレスの状況

  について検査を行い、本人にその結果を通知して自ら

  のストレス状況について気づきを促し、個人のメンタ

  ル不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集

  団的に分析し、職場環境の改善につなげるという取り

  組みです。


  制度の概要については、下記の厚生労働省ホームページ

  へアクセスしてください

 『厚生労働省版 ストレスチェック実施プログラム』も

  下記のホームページからダウンロード出来ます。

  厚生労働省では、ストレスチェック実施プログラム

  のバージョンアップを行い、Windows10に対応した

  プログラムを公開しています。

          

 厚生労働省『ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策等』



※ ストレスチェック実施プログラムのバージョンアップ

 (Ver.2.1)を公開(2018.3.30) 

            

 『厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム』ダウンロードサイト



 『ストレスチェック制度サポートダイヤル』を労働者健康

  安全機構で開設しておりますのでご利用ください

0570−031050 ( 通話料がかかります )


 【ストレスチェック制度の実施状況を公表】 


 厚生労働省は、全国の事業場から労働基準監督署に報告

 のあった、ストレスチェックの実施状況について公表し

 ています。

 ● 実施状況 … 82.9%

  (接客娯楽業や清掃・と畜業の実施率が低いようです)

 ● 受検状況 … 78.0%

 ● 医師による面接指導を受けた労働者の状況

        …  0.6%

 ● 集団分析を実施した事業場の割合

        … 78.3%


    詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

    アクセスしてください 

             ↓

  ストレスチェック制度の実施状況を施行後はじめて公表します


 ※ 常時50人以上の労働者を使用する事業場について

   は、ストレスチェックの実施が義務となっています。

   また、実施結果に関する報告書を所轄の労働基準監

   督署へ提出する義務もあります。

 

   小規模事業場は、ストレスチェックの実施について

   当面の間は努力義務ですが、出来る限り実施をお願

   いします。

   小規模事業場には助成金制度もありますので、有効

   活用してください。


   【助成金制度についてのお問い合わせ先】

    独立行政法人 労働者健康安全機構

    TEL 0570−783046



 上手に“ストレス”と付き合いましょう!!


 日常でのストレスとの向き合い方や周囲の人達の気づき

 が大切です。

 その日に感じたストレスは、その日のうちに解消しまし

 ょう。

 そして、生活の中に“笑い”をたくさん取り入れましょ

 う。

 笑うことでストレスは減り免疫力アップに繋がるとも言

 われています。

 悩みや疲れ・やる気がでなくなる・以前は興味があった

 ものにも関心がなくなるなどの状態が2週間以上続く場

 合は、一人で悩まず専門家(精神科・心療内科など)に

 相談しましょう。

 当センターでも相談の受付をしておりますのでお気軽に

 お電話ください。   

 TEL 0735-21-3313(紀南地域産業保健センター) 

 ※ 厚生労働省 『みんなのメンタルヘルス』(総合サイト)

                

 

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)


  やりがいや充実感を感じながら働き、仕事の責任を果

  たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域等に

  かかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる

  よう、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

  を実現できるよう心がけましょう。

  ※ 生活の基本5要素 …

   『 運動・労働・食事・睡眠・休養 』

     バランスを!!

  ※ 年次有給休暇を計画的に活用しましょう!!

    取得促進に向けて、労使が協力して取り組む

    ことが必要です。

    @経営のトップによる呼びかけ

    A管理者が率先して休暇を取得 など

   『 プラスワン休暇 』で連続休暇に!!


        仕事休もっ化計画 


  土日・祝日にプラスワン休暇して連続休暇にしよう!


  5月1日と2日に年次有給休暇を取得すると、9連休

  になる方も多いと思います。

  周囲の皆と話し合い、有給休暇を計画的に取得して、

  リフレッシュしましょう  


    詳しくは、こちらへアクセスしてください 

             ↓

         仕事休もっ化計画

                      

 健康経営とは…


 労働者が心身共に健康であれば、生産性の向上にも

 つながっていく』という考え方です。


 『労働の人間化』

 ● 労働の内容に手ごたえがあること(変化)

 ● 仕事から学ぶことがあること(学習)

 ● 自分で判断する余地があること(自立性)

 ● 人間的なつながりがあること(他人との協力関係)

 ● 仕事に社会的意義があること(社会的意義)

 ● 将来にとってプラスになること(成長)

                       

 『平成28年度 過労死等の労災補償状況を公表』

 厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓

 疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発症した

 精神障害の状況について、取りまとめをしています。


 1.脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況

 ● 請求件数は825件で、前年度比30件の増

 ● 業種別(大分類)では、運輸業・郵便業が最多

 ● 年齢別では、50〜59歳が266件で第1位

 2.精神障害に関する事案の労災補償状況

 ● 請求件数は1,586件で、前年度比71件の増

 ● 業種別(大分類)では、医療・福祉が最多

 ● 年齢別では、40〜49歳が542件で第1位


   詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

   アクセスしてください 

             ↓

  平成28年度『過労死等の労災補償状況』を公表


 皆が元気いっぱい働くことが出来る環境づくりは、

  とても重要になると考えられます。

  メンタルヘルスを含む健康管理に事業者自ら関わり、

  事業場全体を元気にしていきましょう!!

                                                


 職場での腰痛を予防しましょう!


  労働災害は長期的には減少していますが、第3次産業

 (小売業・社会福祉施設・飲食店)では増加しています。

  特に社会福祉施設は過去10年で2倍以上となってい

  ます。

  社会福祉施設における労働災害の事故の型としては『動

  作の反動・無理な動作』が一番多く、全体の34%を占

  めています。

  業務上疾病の防止に向け、より一層の注意を払いましょ

  う。


 ※ 厚生労働省『職場での腰痛を予防しましょう!』はこちら

 ※ 厚生労働省『社会福祉施設における安全衛生対策』はこちら


 ※ 作業環境管理 ・ 作業管理をしっかりと!!



 受動喫煙を防止しましょう!!  

  〜望まない受動喫煙をなくす〜


  受動喫煙とは、室内と室内に準ずる環境において、他人

  のたばこの煙を吸わされることです。

  労働者の健康を保持・増進する観点から、労働者の受動

  喫煙を防止するため、事業者及び事業場の実情に応じ適

  切な措置をとるよう努めましょう。

  (労働安全衛生法第68条の2)

  2020年に東京オリンピック・パラリンピックそして

  2019年にラグビーワールドカップの開催を控えてい

  る中、今後受動喫煙防止対策の強化を図る方向です。

  早めの対策を講じましょう!!

                                           

  制度の概要については、下記の厚生労働省ホームページ

  へアクセスしてください 

             ↓

       ※ 厚生労働省『受動喫煙対策』



 『表示・通知義務対象物質』の追加

   (平成29年3月1日施行)


  亜硝酸イソブチル等27物質について、労働安全衛生法

  施行令別表第9に追加すること等を内容とする、労働安

  全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生

  規則の一部を改正する省令が、平成28年2月24日に

  公布されました。

  この改正により、亜硝酸イソブチル等27物質は、譲渡

  ・提供の際のラベル表示SDS(安全データシート)

  の交付製造・取扱いの際のリスクアセスメントの実施

  が義務となります。


    詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

    アクセスしてください 

             ↓

  ※ 厚生労働省『表示・通知義務対象物質の追加』


  平成30年7月施行(一部は平成29年8月3日施行)

  分はこちらをアクセスしてください

             ↓

  ※ 厚生労働省『表示・通知義務対象物質の追加等』



 『第9次粉じん障害防止総合対策』  

   

  粉じん障害防止に関しては、粉じん障害防止規則が

  全面施行された昭和56年以降、粉じん則の周知徹

  底及びじん肺法との一体的運用を図るため、これま

  で8次にわたり、粉じん障害防止総合対策を推進し

  てきました。

  その結果、昭和55年当時、6,842人であった

  じん肺新規有所見労働者の発生数は、その後大幅に

  減少し、平成28年には122人となるなど、対策

  の効果は上がっているものの、じん肺新規有所見労

  働者は依然として発生しており、このような状況を

  鑑み、引き続き『第9次粉じん障害防止総合対策』

  を推進することとなりました。


         詳しくは、こちら

             ↓

    『第9次粉じん障害防止総合対策について』



 『第13次労働災害防止計画』  


 ○ 期間…2018年度から2022年度までの5か年


 ○8つの重点事項

  @死亡災害の撲滅を目指した対策の推進

  A過労死等の防止等の労働者の健康確保対策の推進

  B就業構造の変化及び働き方の多様化に対応した対策

   の推進

  C疾病を抱える労働者の健康確保対策の推進

  D化学物質等による健康障害防止対策の推進

  E企業・業界単位での安全衛生の取組の強化

  F安全衛生管理組織の強化及び人材育成の推進

  G国民全体の安全・健康意識の高揚等


    詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

    アクセスしてください 

             ↓

 ※ 厚生労働省『第13次労働災害防止計画』について



 『STOP!熱中症 クールワークキャンペーン』 

   を実施します   


 ○ 期間…平成30年5月1日〜9月30日まで

      4月を準備期間とします 


 ○ キャンペーン期間中に各事業場で重点的に実施して

   いただきたい事項


  @準備期間中(4月)

   ・WBGT値(暑さ指数)計の準備

   ・夏期の暑熱環境下における作業計画の策定など

   ・緊急時に搬送を行う病院の把握や緊急時の対応

    の確認

  Aキャンペーン期間中(5月から9月)

   ・WBGT値(暑さ指数)の把握・評価

   ・作業計画に基づき、WBGT基準値を大幅に超

    える場合の作業時間の短縮

   ・労働者の健康状態の確認

  B重点取組期間中(7月)

   ・WBGT値(暑さ指数)低減対策の追加実施

   ・水分や塩分摂取の徹底

   ・異常時の救急隊への要請


 ※ 何事にも予防が大切!! 


    詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

    アクセスしてください 

             ↓

平成30年度『STOP!熱中症クールワークキャンペーン』を実施します



 『労働時間改善指導・援助チーム』を編成 


 ○ 平成30年4月1日から、全国の労働基準監督署に

  『労働時間相談・支援コーナー』を設置し、労働時間

   などの相談に対応します。

   

  ・労働時間相談・支援班

  『労働時間相談・支援コーナー』を設置するなどし、

   主に中小企業の事業主の方に対し、法令に関する

   知識や労務管理体制についての相談への対応や支

   援を行います。


  ・調査・指導班

   任命を受けた労働基準監督官が、長時間労働を是

   正するための監督指導を行います。

  

 ※ 長時間労働は、疲労の蓄積及び大切な睡眠時間

   を減少させるなど、脳・心臓疾患などの健康障

   害を引き起こす可能性があります。 


  『労働時間改善指導・援助チーム』については、下記

   の厚生労働省ホームページへアクセスしてください 

             ↓

  労働基準監督署に『労働時間改善指導・援助チーム』を編成します



 『研修会等の実施』  @


  平成29年7月8日(土)に産業医等研修会を実施し

  ました。

  第1部での『全ての業種に共通する「3種」の労働災

  害〜その傾向と対策〜』では4S活動(整理・整頓・

  清掃・清潔)KY活動(危険予知)見える化の重

  要性についてのお話がありました。

  そして、ぎっくり腰を繰り返す私にとっては、とても

  大切な“日頃の姿勢”(腰に負担をかけずに足に仕事

  を!!)ということで、腰から曲げるのではなく、膝

  を使って腰への負担を軽減するというとても重要なお

  話をしていただきました。

  腰痛でお困りの方、是非実践してみてください。

  私は早速膝を使う生活を心掛けていると、すぐに筋肉

  痛になってしまいました。(+_+)

   いかに日頃足(ヒザ)を使っていなかったのかが分か

  り、少しびっくりしています。

  膝を曲げる習慣、日常の生活習慣が大切なのですね。

  

  【平成29年10月上旬追加】

  ということで…

  9月末から少しづつ体を動かし始めました

  ソフトテニスにソフトバレーなど、週1〜2回くらい

  ですが無理せず少しずつ…

  何十年ぶりかの運動、とても楽しい〜   


  平成29年7月8日(土)産業医等研修会の第2部は

 『職場における労働衛生管理の実際〜おすすめ職場環境

  診断手技(作業環境・生活環境編)について〜』でし

  た。

  様々な計測器を実際に手に取り測定したり、PH試験

  紙で実際にお茶の濃度を調べたりしていました。

  研修は聞くだけでなく、実際にやってみるほうが楽し

  いし、記憶にも残りやすいと実感しました。 

                        

  先生方、お忙しい中お疲れ様でした。

      

                     



 『研修会等の実施』  A


  平成29年11月13日(月)に新宮労働基準監督署、

  ハローワーク新宮・串本、和歌山産業保健総合支援セ

  ンターと一緒に『雇用管理セミナー』を実施しました。

  ご出席頂いた事業者及び労務管理担当者の皆さま、本

  当にお疲れ様でした。

  また、今回はご出席頂けなかった皆さまも、次回実施

  するセミナーへのご参加を心よりお待ちしております。

                         


            



 『研修会等の実施』  B


  平成30年1月20日(土)に産業医等研修会を実施

  しました。

  テーマは『模擬職場巡視・職場に潜むリスクを診る』

  と『和歌山県下の治療と職業生活の両立支援の課題と

  対策』でした。


 『治療と職業生活の両立支援』については、何故取り組

  まなければいけないのかなど、両立支援の重要性につ

  いてのお話もあり、小規模事業場に関わっている私に

  とっても、とても勉強になるテーマでした。

  和歌山県下のアンケートでは、きちんと取り組んでい

  小規模事業場も多いようです。


  講師の森岡先生、研修に出席された先生方、お忙しい

  中お疲れ様でした。


             



    お知らせ 


  毎年8月頃に発行をしておりました『産業保健センター

  報』ですが、諸事情により平成30年度も休刊いたしま

  す。

  また皆様にお会い出来る日を楽しみに……


          




※ 研修等のお知らせは和歌山産業保健総合支援センター


※ 和歌山労働局 のホームページはこちら


※ 厚生労働省 のホームページはこちら






             紀南地域産業保健センター

    〒647-0043
    和歌山県新宮市緑ヶ丘3−3−29
    尾アビル4階

    TEL・FAX 0735−21−3313