紀南地域産業保健センター 


(独立行政法人 労働者健康安全機構

和歌山産業保健総合支援センター 紀南地域窓口)


【掲載内容】


@地域産業保健
  センターとは


A相談対応に
    ついて


B個別訪問による
 産業保健指導


C相談窓口開設
     日程表

・3か月分の日程を
 掲載しています


Dトピックス
(最新情報を追加
 しました)

・ストレスチェック

 実施プログラムの

 バージョンアップ


・健康経営…

『労働の人間化』


・職場での腰痛を

 予防しましょう!

(職場における腰痛

 予防サイト)追加


・受動喫煙を防止

 しましょう!!


・第14次労働災害

 防止計画


・『労働時間改善指

  導・援助チーム』

  を編成



E関連団体
 ホームページ

 〜 応援します 職場のいきいき健康 〜


 地域産業保健センターとは


  労働者数が50人未満の事業場では、労働安全衛生法

 上、産業医を選任する義務がないことや経費的問題など

 の理由で産業医と契約することが難しいなど、労働者に

 対する健康指導などの産業保健サービスを提供すること

 が十分でない状況にありました。

 このため、このような事業場で働く人達に対する産業保

 健サービスを充実する目的で、平成8年度から新宮市・

 東牟婁郡地域においてサービスが提供できるように紀南

 地域産業保健センターが設置され支援がスタートしまし

 た。

  そして、平成26年4月1日からは今まで委託事業と

 していた『産業保健推進事業』『メンタルヘルス対策支

 援事業』『地域産業保健事業』の産業保健三事業を一元

 ・集約化し、ワンストップサービス出来るよう再編成さ

 れ新たにスタートしております。

 そのため、いままではそれぞれのセンター窓口にお問い

 合わせ ・ お申込みが必要でしたが、これからは当セン

 ター窓口から必要に応じて適切なサービスをご紹介し、

“こころとからだ”の両面からの総合的な支援を実施いた

 します。


 すべての人が心身共に健康で、元気に働けることを目指

 しておりますので、皆さまのご利用をお待ちしておりま

 す。 


 本事業は、事業場による自主的な産業保健活動の実施

  ・定着を図ることを目的として支援の提供をしており

  ます。

  何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。 


                       

   相談対応


例えば…

・労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談

・健康診断実施後の医師からの意見聴取

・労働者本人への健康相談・保健指導

・長時間労働者に対する面接指導

・高ストレス者に対する面接指導   など 

                       

※ 申し込み等、詳しくは紀南地域産業保健センターまで

  お問い合わせください。


利用申込書はこちらへアクセスし様式地1-1をご利用ください

             ↓

          利用申込書 

                                   


     個別訪問による産業保健指導


 事業場を訪問して職場巡視や相談対応、そして労働衛

 生啓発事業の実施などの作業環境管理・作業管理の総

 合的な労働衛生管理の助言や指導を行います。


                   



 健康相談・医師による意見聴取 窓口開設日程表

        紀南地域産業保健センター  


年 月 日
曜 日
担 当 医 師 名
場   所
2024.1.16
橋本 眞侍 医師
    1.24
宮本  岳 医師
    1.30
新谷 寧世 医師
    2. 7
笹屋 高大 医師
    2.15
米良 孝志 医師
    2.21
榎本 憲博 医師
    3. 5
新谷 寧世 医師
    3. 7
草地 孝樹 医師
    3  月
   未     定


     ※ 事前にTELにて予約が必要です


 ○ 本事業は中小企業の小規模事業場に対し、優先して

   支援の提供をしております。

   

 ○ 地域産業保健センターは、広くたくさんの事業場に

   ご利用していただくため、相談の種類に関わらず、

   年度内2回までのご利用となりますので、ご了承を

   お願いいたします。


 【 開 設 時 間 】 午後1時30分 〜 

 【 受  付  先 】 紀南地域産業保健センター

             新宮市緑ヶ丘3−3−29

             尾アビル4F

             TEL・FAX 0735-21-3313

             《 担 当 》 小 林


 事業場訪問等が多い為、電話連絡がつきにくい場合があります。

 留守番電話になっておりますので、連絡先などを入れて頂ければ

 幸いです。

 ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。


 【 各 医 師 会 の 住 所 】

 ※ 新宮市医師会館…新宮市伊佐田町1−2−12

 ※ 東牟婁郡医師会…東牟婁郡太地町森浦703−4

           南紀パシフィックヴィラ401号

                    


  料金はすべて無料です(お気軽にご相談ください)

  上記開設日以外にも、随時実施をしており

  ますのでご利用ください。   


                               
 健康診断実施後は

      『医師による意見聴取』(義務)

          及び 『保健指導』(努力義務)

                   を行いましょう!!


 事業者は定期健康診断の結果、当該健康診断の項目に

 常の所見があると診断された労働者に対し、厚生労働省

 で定めるところにより医師または歯科医師の意見を聴か

 なければなりません。(事業者の義務)

(労働安全衛生法 第66条の4)

 健康診断の結果、特に健康の保持に努める必要があると

 認める労働者に対して、医師又は保健師による保健指導

 を行うように努めなければなりません。(努力義務)

(労働安全衛生法 第66条の7)


 注意…じん肺健康診断は意見聴取の対象外になります  


                     


 平成27年12月から『ストレスチェックの実施』

  義務になりました


  常時使用する労働者に対して、ストレスチェックを実

  施することが事業者の義務となりました。

 (労働者数50人未満の事業場は当分の間努力義務)


  ストレスチェック制度とは、労働者のストレスの状況

  について検査を行い、本人にその結果を通知して自ら

  のストレス状況について気づきを促し、個人のメンタ

  ル不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集

  団的に分析し、職場環境の改善につなげるという取り

  組みです。


  制度の概要については、下記の厚生労働省ホームページ

  へアクセスしてください

 『厚生労働省版 ストレスチェック実施プログラム』も

  下記のホームページからダウンロード出来ます。

            

  『ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス

   対策・過重労働対策等』



※ ストレスチェック実施プログラムのバージョンアップ

 (Ver.3.6)を公開(2023.4.26) 

 

 2023年4月25日以前にダウンロードされた方は、

 最新バージョンVer.3.6をおすすめします。 

           

 『厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム』ダウンロードサイト


  平成30年8月9日、労働安全衛生法に基づくストレ

   スチェックの実施者を追加するため、労働安全衛生規

   則の一部を改正する省令を公布し、同日に施行しまし

   た。

    ストレスチェックの実施者に、必要な研修を修了した

    歯科医師・公認心理師が追加されています。


   詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

   アクセスしてください 

             ↓

  『労働安全衛生規則の一部を改正する省令を公布・施行しました』


  常時50人以上の労働者を使用する事業場について

   は、ストレスチェックの実施が義務となっています。

   また、実施結果に関する報告書を所轄の労働基準監

   督署へ提出する義務もあります。

 

   より良い職場環境づくりのために、是非、集団分析

   を実施し、その結果を活用しましょう!!

                            

   小規模事業場は、ストレスチェックの実施について

   当面の間は努力義務ですが、出来る限り実施をお願

   いします。    



 上手に“ストレス”と付き合いましょう!!


 日常でのストレスとの向き合い方や周囲の人達の気づき

 が大切です。

 その日に感じたストレスは、その日のうちに解消しまし

 ょう。

 そして、生活の中に“笑い”をたくさん取り入れましょ

 う。

 笑うことでストレスは減り免疫力アップに繋がるとも言

 われています。

 悩みや疲れ・やる気がでなくなる・以前は興味があった

 ものにも関心がなくなるなどの状態が2週間以上続く場

 合は、一人で悩まず専門家(精神科・心療内科など)に

 相談しましょう。

 当センターでも相談の受付をしておりますのでお気軽に

 お電話ください。   

 TEL 0735-21-3313(紀南地域産業保健センター) 


         ※ 『こころの情報サイト』


               

 

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)


  やりがいや充実感を感じながら働き、仕事の責任を果

  たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域等に

  かかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができる

  よう、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

  を実現できるよう心がけましょう。

  ※ 生活の基本5要素 …

   『 運動・労働・食事・睡眠・休養 』

     バランスを!!

   これは、色々なウイルスなどから身を守るためにも

   重要なことです。   


  ※ 年次有給休暇を計画的に活用しましょう!!

    取得促進に向けて、労使が協力して取り組む

    ことが必要です。

    @経営のトップによる呼びかけ

    A管理者が率先して休暇を取得 など

   『 プラスワン休暇 』で連続休暇に!!

                      

 健康経営とは…


 労働者が心身共に健康であれば、生産性の向上にも

 つながっていく』という考え方です。


 『労働の人間化』

 ● 労働の内容に手ごたえがあること(変化)

 ● 仕事から学ぶことがあること(学習)

 ● 自分で判断する余地があること(自立性)

 ● 人間的なつながりがあること(他人との協力関係)

 ● 仕事に社会的意義があること(社会的意義)

 ● 将来にとってプラスになること(成長)

                       

 皆が元気いっぱい働くことが出来る環境づくりは、

  とても重要になると考えられます。

  メンタルヘルスを含む健康管理に事業者自ら関わり、

  事業場全体を元気にしていきましょう!!

                                                


 職場での腰痛を予防しましょう!


  職場における腰痛発生件数は、昭和53年をピークとし

  て長期的に減少したものの、社会福祉施設や医療保健

  業が含まれる保健衛生業においては、集計を開始した

  平成5年以降、発生件数が増加を続けております。

  保健衛生業陸上貨物運送事業の腰痛発生率(死傷年

  千人率)は全業種平均(0.1)を大幅に上回る(保健衛

  生業0.25、陸上貨物運送事業0.41)ことからも、これら

  の業種における腰痛予防対策の推進が重要な課題となっ

  ています。

  労働者の高齢化が進む中、業務上疾病の防止に向け、

  より一層の注意を払いましょう。


 ※ 厚生労働省『職場での腰痛を予防しましょう!』はこちら

 ※ 厚生労働省『社会福祉施設における安全衛生対策』はこちら


  ※ 作業環境管理 ・ 作業管理をしっかりと!!



 受動喫煙を防止しましょう!!  

  〜望まない受動喫煙をなくす〜


  受動喫煙とは、室内と室内に準ずる環境において、他人

  のたばこの煙を吸わされることです。

  労働者の健康を保持・増進する観点から、労働者の受動

  喫煙を防止するため、事業者及び事業場の実情に応じ適

  切な措置をとるよう努めましょう。

  (労働安全衛生法第68条の2)

                                               

  制度の概要については、下記の厚生労働省ホームページ

  へアクセスしてください 

             ↓

       ※ 厚生労働省『受動喫煙対策』


  喫煙は、肺がんをはじめ多くのがんや心筋梗塞・

    脳梗塞など、数多くの疾患に深く関係します。

    今こそ禁煙を!! 



 『第14次労働災害防止計画』  

  (2023年度を初年度とする5年間を対象)


  労働災害防止計画は、労働災害の防止のために、国、

  事業者、労働者等の関係者が重点的に取り組む事項を

  定めたものです。


 ○ 期間…2023年度から2027年度までの5か年


 ○ 8つの重点事項

  @自発的に安全衛生対策に取り組むための意識啓発

  A労働者の作業行動に起因する労働災害防止対策の

   推進

  B高年齢労働者の労働災害防止対策の推進

  C多様な働き方への対応や外国人労働者等の労働災

   害防止対策の推進

  D個人事業者等に対する安全衛生対策の推進

  E業種別の労働災害防止対策の推進

  F労働者の健康確保対策の推進

   ・メンタルヘルス対策・過重労働対策の推進 等

  G化学物質等による健康障害防止対策の推進


    詳しくは、下記の厚生労働省ホームページへ

    アクセスしてください 

             ↓

 ※ 厚生労働省『第14次労働災害防止計画』について



 『労働時間改善指導・援助チーム』を編成 


 ○ 平成30年4月1日から、全国の労働基準監督署に

  『労働時間相談・支援コーナー』を設置し、労働時間

   などの相談に対応します。

   

  ・労働時間相談・支援班

  『労働時間相談・支援コーナー』を設置するなどし、

   主に中小企業の事業主の方に対し、法令に関する

   知識や労務管理体制についての相談への対応や支

   援を行います。


  ・調査・指導班

   任命を受けた労働基準監督官が、長時間労働を是

   正するための監督指導を行います。

  

 ※ 長時間労働は、疲労の蓄積及び大切な睡眠時間

   を減少させるなど、脳・心臓疾患などの健康障

   害を引き起こす可能性があります。 


  『労働時間改善指導・援助チーム』については、下記

   の厚生労働省ホームページへアクセスしてください 

             ↓

  労働基準監督署に『労働時間改善指導・援助チーム』を編成します




 その他

  


※ 研修等のお知らせは

  和歌山産業保健総合支援センター へ  


※ 和歌山労働局 のホームページはこちら


※ 厚生労働省  のホームページはこちら



             

           和歌山産保のキャラクター

          『わさんぽちゃん』です

           よろしくね!




        紀南地域産業保健センター

    〒647-0043
    和歌山県新宮市緑ヶ丘3−3−29
    尾アビル4階

    TEL・FAX 0735−21−3313